FrontPage

授業と連動してLMSを利用する上で非常に重要なのが、著作権の問題です。

著作権法第35条1で、「授業の過程」で使う場合は「著作権者の利益を不当に害すること」がない範囲で、著作物のコピーを無許可でやってよい、ということになっています。市販の本の一部とか、他の人が作成した図表とかをコピーして学生に配ったり、投影資料の中で使うことができるのです。ありがたいですね。

ところが、こう言った資料は授業の後にLMSに掲載できないのです。

ここでOKとされているのは「著作物の複製」だけです。授業の後で投影資料をLMSに掲載しようとすると、それは「著作物の公衆送信」ということになり、著作者の許諾が必要になります。

LMSに掲載することが「公衆送信」になるの?利用者が限定されているのに?という疑問をお持ちかと思いますが、なるのです。(ただし、LMSへのアクセスが同一構内に限られる場合、コース登録者が少数、10名くらいまで?、の場合は除きます)

不便ですね。

さすがに不便だし、教育のICT化を阻害するのでは、ということでLMSにも掲載できるようにしよう!という検討が偉い人の間でなされており、どうもうまく法改正されそうな感じなのです。

素晴らしいですね。

法律

(学校その他の教育機関における複製等)
第三十五条  学校その他の教育機関(営利を目的として設置されているものを除く。)において教育を担任する
者及び授業を受ける者は、その授業の過程における使用に供することを目的とする場合には、必要と認められる
限度において、公表された著作物を複製することができる。ただし、当該著作物の種類及び用途並びにその複製
の部数及び態様に照らし著作権者の利益を不当に害することとなる場合は、この限りでない。

2  公表された著作物については、前項の教育機関における授業の過程において、当該授業を直接受ける者に対
して当該著作物をその原作品若しくは複製物を提供し、若しくは提示して利用する場合又は当該著作物を第三十
八条第一項の規定により上演し、演奏し、上映し、若しくは口述して利用する場合には、当該授業が行わ れる
場所以外の場所において当該授業を同時に受ける者に対して公衆送信(自動公衆送信の場合にあつては、送信可
能化を含む。)を行うことができる。ただし、当該著作物の種類及び用途並びに当該公衆送信の態様に照らし著
作権者の利益を不当に害することとなる場合は、この限りでない。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-25 (日) 15:05:57 (394d)