オンライン情報倫理講座

趣旨

家庭でも学校でもインターネットへの接続ができることは常識的なことになってきました。コンピュータの利用方法についても、多くの方が基本的なことは習得されていることと思います。

しかし、基本的な情報倫理を学ばずにネットワークに接続されたコンピュータを利用したり、インターネットを利用したりすると、思わぬところでトラブルに巻き込まれたり、知らず知らずのうちに他人に迷惑となる行為をしてしまいがちです。

このオンライン講座では、Web上の教科書とビデオ教材を使って、情報倫理の基本を身につけることを目的としています。

対象者

本講座は学部新入生を主な対象としていますが、本学構成員であればどなたでも受講する事ができます。

ただし、新入生以外は事前にコースへ登録しておりませんので、各自自分で登録作業を行う必要があります。 登録方法については、以下の「『オンライン情報倫理講座』のはじめ方」を参照してください。

教材の内容

情報倫理教科書

全6章からなるオンラインテキストです。各章最後のチェックテストで、理解できているか確認しましょう。

  • 第1章 ネットワーク社会
  • 第2章 ユーザ認証とアカウント
  • 第3章 インターネットの基本的な注意点
  • 第4章 ネットワーク社会の問題とトラブル
  • 第5章 セキュリティ対策
  • 第6章 ネットワーク社会を取り巻く法律

ビデオ教材

大学生を主人公とした、情報倫理ビデオ教材です。身近な事例を通して情報倫理の問題点について学習することができます。閲覧するには、Flash Player が必要です。

  • 情報倫理デジタルビデオ小品集 Part 1 (合計48分47秒)
    • オープニング
    • ログイン/ログアウト
    • ウィルスメール
    • チェーンメール
    • 電子掲示版 (BBS)
    • 出会い系サイト
    • ネットオークション
    • 個人のWebページ
    • 社会人としての情報通信
  • 情報倫理デジタルビデオ小品集 Part 2 (合計115分32秒)
    • ネットワーク上でのセキュリティ
    • ネットワーク上でのコミュニケーション
    • ネットワーク上ので情報発信
    • 情報化社会に生きる
  • 情報倫理デジタルビデオ小品集 Part 3 (合計263分23秒)
    • IDの管理
    • 情報の管理
    • 便利と信頼性
    • 取引
    • メールの使い方
    • 情報発信

「オンライン情報倫理講座」のはじめ方

本講座はWebCT上にあります。WebCTへは http://webct.riise.hiroshima-u.ac.jp/ から入ります。

学部一年生は、WebCTへログインすると、コースの一覧に「オンライン情報倫理講座」がありますのでそこからはじめて下さい。

学部一年生以外は、コースへの「セルフ登録」が必要です。セルフ登録をするには、下記の手順に従って下さい。

  1. まず、WebCT CE6にログインしている場合は、一旦ログアウトして下さい。
  2. 「コース一覧」をクリックします。
    http://www.els.hiroshima-u.ac.jp/assets/images/infoss-sr001.png
  3. カテゴリ選択画面で「30その他」をクリックします。
  4. コース/セクションを選択する画面で「82全学用コンテンツ」のところの三角をクリックします。
  5. 「オンライン情報倫理講座」の行の右端にセルフ登録アイコン http://www.els.hiroshima-u.ac.jp/assets/images/icon-sr.png があるので、これをクリックします。
  6. ユーザ名とパスワードを入力する画面になります。広大IDとパスワードを記入し「登録」をクリックします。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-08-29 (水) 23:54:40 (1761d)