画面に表示されているものを静止画像として保存する

OSの標準機能で、画面キャプチャができます。

#キャプチャの対象行き先キー操作
1画面全体ファイルcmd-shift-3
2領域を指定ファイルcmd-shift-4
3ウィンドウ指定ファイルcmd-shift-4 そのあとポインタを目的のウィンドウに乗せて スペース そして クリック
4画面全体クリップボードcmd-shift-ctl-3
5領域を指定クリップボードcmd-shift-ctl-4
6ウィンドウを指定クリップボードcmd-shift-ctl-4 そのあとポインタを目的のウィンドウに乗せて スペース そして クリック

行き先が「ファイル」の場合、デスクトップに「スクリーンショット 2016-04-01 12.34.56.png」というような名前のファイルができます。数字は、キャプチャした日付と時刻です。

行き先が「クリップボード」の場合、メール作成画面やPowerPoint画面などに cmd-V で貼り付けることができます。

操作の様子を動画として保存する

パソコンの画面を録画したものをスクリーンキャストと言います。 Macでスクリーンキャストを撮るには、標準付属のアプリ「QuickTime Player」を使います。 手順は簡単です。

  1. 「アプリケーション」のフォルダで「QuickTime Player」を探し、ダブルクリックで起動
  2. メニューの「ファイル」→「新規画面収録」をクリック
  3. このようなパネルが表示されるので、(v)をクリックして、マイクがオンになっている(オフになっている)ことを確認
    quicktime-20160424-164535.png
  4. 録画ボタンをクリックし、画面録画を開始する
  5. 画面録画を停止するには、メニューバーの録画停止ボタンをクリック
    quicktime-20160424-164816.png

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-24 (日) 22:19:53 (572d)