RIGHT:[[必携PC Tips]]

Macのテキストエディットでは、初期設定で「スマート引用符」機能が働いており、HTMLファイルで必要な引用符が入力できません。以下の図を見てください。左がスマート引用符、右が通常の引用符です。HTMLファイルで使うのは右の引用符で、左のものが入っていると正常に動作しません。
Macのテキストエディットでは、初期設定で「スマート引用符」機能が働いており、HTMLファイルで必要な引用符が入力できません。以下の図を見てください。左がスマート引用符、右が通常の引用符です。なんかビミョーに違いますね。

HTMLファイルで使うのは右の引用符で、左のものが入っていると正常に動作しません。

#ref(http://sumi.riise.hiroshima-u.ac.jp/skitch/textedit-20160424-003901.png,25%);

以下の手順で設定を変更してください。

+ テキストエディットの設定変更
++ テキストエディットを起動する
++ メニューの[テキストエディット]→[環境設定]→[スマート引用符]を外す~
#ref(http://sumi.riise.hiroshima-u.ac.jp/skitch/textedit-20160424-005711.png,25%);
++ テキストエディットを終了する
+ システム設定の変更
++ [アップルメニュー]→[システム環境設定]~
#ref(http://sumi.riise.hiroshima-u.ac.jp/skitch/applemenu-20160424-010509.png,20%);
++ [キーボード]をクリックして開く
++ [ユーザ辞書]のタブをクリックし、[スマート引用符とスマートダッシュを使用]を外す~
#ref(http://sumi.riise.hiroshima-u.ac.jp/skitch/textedit-20160424-011652.png,15%);

以降、入力する引用符は、通常のものになります。それまでに入力済みのものについては、打ち込みなおしてください。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS