Keynote Tweet のスクリプトの書き換え

以下から、スクリプトファイルをいただいてきます。

「Donwloads」のタブをクリックし、「Keynote Tweet.zip」をダウンロードします。

ダウンロードしたzipファイルを展開すると、中に

Keynote Tweet.app
readme.txt

という二つのファイルがあります。readme.txt に「Keychain Accessでtwtterの認証情報を記録する」云々という記述がありますが、これは不要です。Keynote Tweet.app の方を、AppleScript エディタ.app で開いてください。

AppleScript エディタ.app は /アプリケーション/ユーティリティ/ の中にあります。Keynote Tweet.app を AppleScript エディタ.app へドラッグ & ドロップします。

Lion の場合は、「Keychain Scripting.appはどこにありますか?」というパネルが出てくるかもしれませんが、「キャンセル」してください。

スクリプトを編集できる画面になります。まず、10行目あたりの Keychain scripting.app とやり取りしているあたりをコメントアウトします。

tell application "Keychain Scripting.app"
	set twitter_key to first «class cint» of «class pckc» whose «class psrv» is "twitter.com"
	set twitter_login to quoted form of («class pact» of twitter_key & ":" & «class ppas» of twitter_key)
end tell

-- tell application "Keychain Scripting.app"
--  	set twitter_key to first «class cint» of «class pckc» whose «class psrv» is "twitter.com"
-- 	set twitter_login to quoted form of («class pact» of twitter_key & ":" & «class ppas» of twitter_key)
-- end tell

「コンパイル」のボタンを押すとコメントアウトした所がグレーになります。

次に on idle のネストの一番深いところにある

set twitter_status to quoted form of ("status=" & tweet)
do shell script "curl --user " & twitter_login & " --data-binary " & twitter_status & " http://twitter.com/statuses/update.json"
set lastTweet to tweet

を以下のように書き換えます。

set twitter_status to quoted form of tweet
try
  set lastTweet to tweet
  do shell script "ttytter -status=" & twitter_status
on error
  do shell script "echo Tweet failed: " & twitter_status & " | logger"
end try

書き換えて「コンパイル」ボタンを押し、エラーがないことを確認します。ファイルを保存し、Apple Script エディタ.app を終了します。これで準備は終了です。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-02-08 (水) 21:32:42 (2084d)